スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エイブルの排除命令の裏側 


公正取引委員会 【略称:公取委(こうとりい)】 がエイブルに対し排除命令です。


エイブル排除命令


こんなことは 賃貸を扱っている大多数の不動産会社が

公然とやっている賃貸の業界では珍しくもなんともない違法営業。

中には 実在する物件しか 広告しないまともな会社もあるでしょうが

ひどい賃貸の不動産会社などは 電ビラや独自の雑誌に載せる物件は

100%・・・そう、・・・全部が 嘘 ! 怒

広告の間取り図面とその広さの表示(㎡数)の大きなギャップに・・・

または 全く同じ間取りや同じ外観の写真を違うページで使いまわしたり・・・

余りにも相場とかけ離れた安い家賃表示だったり・・・・

・・・・・・・・・・・etc・・・・・・・・・・・・・・・・・・泣き顔


プロなら そんな会社に引っかかるとは思えませんが・・・


関西は特に その辺が巧妙な会社も 多々あります。


事件でも起こった現場でないとありえない条件の部屋や


笑うしかないようなありえない好条件の部屋・・・


そんなビックリする条件の物件が載っているのも珍しくなく


たま~~~~~に ・・・・・それを見た知りあいから・・・・・・・・・・

そんな雑誌に載った物件を・・・・・・・・・・

確認してくれないか?・・・・・・・だとか

お前の所で仲介出来るか??


等と言われるのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・


100%、そんな物件は 絶対ないから安心(?)して そこに電話してみろ!


と、話すことにしています。

そしてどうせ 先日まではあったんですが・・・・とか

「はい、あります!」 と言われ 事務所に行ってみると・・・

おもむろに繋がってもいない家主と称する相手の電話口で

「あ~~~~そうですか?決まっちゃいましたか!」

と言われ 他の物件を紹介&案内にと 持ち込まれます 絵文字名を入力してください


しかし 賃貸業界の雄とも言われるエイブルに対し 公取委が この程度の・・・

賃貸業界の常識の中では あえて言いますが この程度の事で

排除命令を15年ぶりに出すと言うことは


もしかして・・・・

生贄(いけにえ)?

見せしめ? の類かも・・・・

だとすると・・・・ 今後は多少の期待がもてるかも?!


しかし・・・・・エイブルの社長のコメント

【 公正取引委員会からの排除命令について 】

2. 排除命令を受けるに至った経緯
公正取引委員会より本件について、当社に調査・協力の要請があり、速やかに社内調
査を実施し事実確認を行ないました。
その結果、本件が発生した原因として、システムへ入力したデータの人為的なチェックミス及びシステムの誤操作による誤表示と判明し同委員会に理解を求めてまいりました。
しかしながら、発生してしまったことは事実であり、公正取引委員会における今回の排除命令を受け入れるに至ったものであります。
3. 今後の対応
当社は、先般の公正取引委員会の立入り調査を受け、直ちに社内チェツク体制の見直しを行ないました。
この度の排除命令を厳粛に受け止め、今後は、全社を上げてコンプライアンスの徹底を図り再発防止に努めてまいります。
4. 業績に与える影響
本件の業績に与える影響は軽微であると考えております。

以上
この度は、お客様・株主様ならびに関係各位には多大なるご迷惑をおかけしましたことを  心よりお詫び申し上げます。 


茶番ですな~~~~~あ~~~~~~~悲しい・・・orz


どこぞの吉兆の1番最初の会見と一緒で ごまかせると踏んだ内容。


でも 大きな報道やニュースには ならないでしょうね・・・・涙


実際、ニュースの内容はと言うと・・・・末尾に

 エイブルは「原因はデータのチェックミスやシステムの誤操作。心よりおわび申し上げる」などとコメントした。

とか・・・・・

エイブルは、今回の排除命令を厳粛に受け止め、コンプライアンスの徹底を図るとともに再発防止につとめるとしている。

とか・・・

そんなに大事でないニュースかのようにコメントなし・・・・だったり・・・・


極めて 良心的な 報道内容です・・・・


わかりますよ・・・・・報道のつらい立場は・・・・


テレビや新聞広告の 大スポンサー ですからネ・・・・。

スポンサーサイト
[ 2008/06/19 17:24 ] ニュースから | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://househouseestate.blog110.fc2.com/tb.php/57-7bd50261












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。