スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

専任物件 広告不可やインターネット(広告) 不可の実態 


昨日、ハウスハウス大阪のお客様より 

お問い合わせ頂いた物件の資料を取り寄せて 

よ~~く見てみると・・・・・・

専任物件




赤丸
 部分を 拡大・・・・・・


広告可・インターネット不可



レインズに 掲載登録する資料の表示方法は

不動産会社によって 多少の違いはありますが・・・

取引形態 (この資料では専任)、  報酬形態 (分かれ)  とあり・・・

そして 問題の 備考欄に・・・・・・・・



広告可・インターネット不可の文字 ^^;


これは 先日ブログで 書きました

売却依頼 の秘密   の 部分です orz

反対に インターネット可・広告不可 の例や

悲しい 広告不可・インターネット不可 W不可もあります。


これが 売主さまの意図するところであるならば致し方ありませんが

ほとんどは・・・・残念ながら・・・・

専任や専属専任を受けて 両手の手数料を 企む

悪代官 不動産会社の  陰謀 当たり前に横行している実態に

他なりません・・・絵文字名を入力してください


では・・・今回のは 広告可でネット不可・・・少しは マシ???

・・・・・・・・・・・・・uun・・・・・・・・・・・・・・・・

チラシ広告で 他社が広告していれば 売却依頼の売主さまに

「ちゃんとやってますよ」 と アピールが出来ます。

でも 姑息にも まだ少しでも両手を企む気持ちが

インターネットという手段までは 譲れなかった?? のでしょう・・・


もし売主のお客様が大っぴらに広告されることを嫌がっているならば

チラシ広告の方が まだまだ目立つ訳ですから

反対の 広告不可・インターネット可 に なっているはずでしょうネ。


最後にハウスハウスの資料を見て 今日のおさらい(?)・・・・



コスモ本山-資料



※ 報酬形態 の所も 超重要です。 ご参考まで グー
スポンサーサイト
[ 2008/06/05 07:55 ] お客様の声 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://househouseestate.blog110.fc2.com/tb.php/50-a63ba520












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。