スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

住宅履歴書 「200年住宅」に向けて 

住宅履歴書 

車で例えるなら 点検記録簿 のような物です。
車の場合 メーカーが限られていますし 個別注文の車はほとんど存在しませんが

住宅は 土地形状も含め 住宅のデベ(供給元)も多種多様ですので
点検記録(メンテナンス記録=修理や大小リフォーム記録)の他に その元となる
竣工図・設計者リスト・建築確認申請書・建築確認等検査済書・工事業者リスト・工事記録等がプラスされてきます。

200年住宅という 福田内閣では珍しい(?)優秀な法案がこれです 

前にもブログで書きましたが 内容は素晴らしい・・・
《 でも それを実際に建てたり仲介したりする建築、不動産関連の会社がまだまだそんな意識を持っているとは 到底 思えません 》・・・・と。

性善説はまだまだこの業界では 難しいのが現状。
とすると 縛り(基準や罰則等も) をきつくしないと いけません。

それを 住宅履歴書の整備から始めるということです。

それによる特典も 例えば・・・
金融庁のコンプライアンス指導からリフォームローンの充実や中古住宅融資の期間延長や金額の再評価・・・そして税負担の軽減措置や住宅の資産向上(評価額の見直し?まで)。


車でも 記録簿付きの中古車は 営業のセールストークにも使われる程
実は大事なことで 当然、あるかないかで価格も違ってきます。

近年の収益不動産ブームの中でも 先に触れています建築確認等検査済書(通称=済み書)があるとないとでは 大きな差があります。 
数年前からは都市銀行を中心に債務者の余程の信用力がない限り そのあるなしで融資そのものが受けれないようになってきています。これは近頃の融資引き締めでより加速すると思います。当然、物件によっては1~2割・・・ときにはそれ以上の価格差がおこっているのが現状です。

裏を返せば 収益物件の建築確認等検査済書からも判るように
住宅履歴書があることによる資産価値の向上・・・そして
木造住宅でいえば25年~30年で建物の価値が0円となり所有不動産の価値の大幅目減りの現状から中古住宅の建物の価値の見直し(再評価)となり 建物も含んだ不動産を資産と呼ぶのにふさわしい時代がやってくるスタートの年が2008年ということです。



スポンサーサイト
[ 2008/04/23 12:01 ] 不動産用語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://househouseestate.blog110.fc2.com/tb.php/33-ccdc3fe9












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。