スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

固定資産税評価額 


土地価格は 一物四価 と言われ土地は同一(一物)なのに価格は4種類(四価)あるといわれています。
そのうちの 固定資産評価額 の説明です。

一番のポイントは・・・・
市町村が決定する3年毎の7月1日時点の土地価格だという点です。

その名前=固定資産評価額と決定するのが市町村だということの意味ですが・・・ 読んで字のごとく 固定資産税 や 不動産取得税、 登録免許税 など土地や建物に市町村が課税する税金(課税標準)を算出する根拠の価格ということです。


この内、不動産取得税、登録免許税は買う場合に発生する所有権移転や又は保存登記時の一回のみの課税ですが固定資産税は毎年所有している間は課税される税金です。


税金ですので 国税庁が決定する路線価 と説明でも書きましたが 
公示価格の7割程度で決定されます。(路線価=公示価格×80%)
毎年、課税される固定資産税の為か(?) 路線価よりも低い設定額になっています ぷぷ 


ちなみに 3年毎という期間には・・・
全ての土地、建物の評価をするわけですから
市町村の職員の絶対数の人材不足からではないでしょうか?


人材不足のせいかどうかわかりませんが・・・・
時にニュースにもなる固定資産評価額の間違いによる固定資産税請求額の過少問題もありますので年に一度・・・丁度この時期ごろ自宅に届く固定資産評価額を 公示価格 の7割を目安に計算してみるのも いいのではないでしょうか!?


また、固定資産評価額は 個人情報(個人の財産)に大きく関与しますので 所有者本人に封書で通達され、その評価額の再確認も原則、市区町村の役所で本人のみ受け付けるようになっています。



では・・・次回は一物四価の最後・・・

基準値価格(基準地価) についてです^^







スポンサーサイト
[ 2008/04/11 23:36 ] 不動産用語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://househouseestate.blog110.fc2.com/tb.php/28-32420985












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。